ARCHIVE  ENTRY  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 柔をもって剛を制す | main | 恐ろしい夏 >>
2014.07.05 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014.05.21 Wednesday

行く川


ごきげんよう、こんにちは。
お散歩したり、ゆっくりティータイムをするのにぴったりな、そんな季節ですね。
皆様どうお過ごしですか?私は相変わらず、のらり、くらりと時間の贅沢をしています。

さて、最近とっても感じること。
それは、この世に永遠であること、絶対であることなんてない、ということです。
永遠がない、なんて言うと絶望主義の方かしら、なんて思った方もいらっしゃるのでは?
いいえ、私は今も昔も超絶楽観主義者です(^-^)
この世には嬉し事はもちろん、辛い事、苦しい事、悲しい事が溢れかえっています。でも、そんな事は永遠に続かないのです。大河ドラマに例えると、ほんの数話の出来事。いつか過ぎ去り、過去になるのです。そしてドラマの主人公は、出来事を乗り越え、次のステージへ進みます。
人生とはそういうものだ、と私は思うのです。
敵だと思っている人が、永遠に敵だとは限らない。何かの拍子に、味方になる場合もあるのです。また逆も然り。
永遠に愛してくれる、親もいつかは自分より先に死ぬのです。

この世に永遠はありません。絶対もありません。
何が起こるかわからない、見当つかない。
これが人生。La Vie

私、莫迦な事を申し上げると、辛い事があったら、心の中で悲劇のヒロインだと思うようにしているのです。
あぁ、こんなに辛い出来事が降りかかってくるのは、神様がお与えになった試練なんだわ、きっとこれを乗り越えたら同じくらい幸せな出来事が起こるんだわ。って。
人生において、誰が主役で誰が脇役なんて割り振りは無いと思っています。みんな主人公なのです。また、みんな脇役なのです。さながら群像劇のように。
自分の人生は自分が主役、自分がヒロインなのです。なので主役ぶってあなたの人生に現れる人物がいても、その人の人生ではその人が主人公でも、あなたの人生においては脇役にすぎないのです。

難しいですね、
人生は難しい。
簡単な人生なんて面白くないですものね。

皆様の人生が、そして私の人生も、
薔薇色でありますように。



2014.07.05 Saturday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR